紫外線療法UV

こんな症状ありませんか?
  • 皮膚がかゆい
  • 皮膚にぶつぶつができる、はがれる
  • 皮膚の色が変わった
  • 頭髪が抜ける
皮膚の病気について
尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)
皮膚の色素が白く消失してしまう疾患です。後天的に発症し、全身に症状が見られますが、伝染性はありません。かゆみや痛みを伴うこともほとんどありません。
尋常性乾癬(じんじょうせいかいせん)
後天的に発症する皮膚病で、角層がふけのようにはがれかかった状態を伴った大小さまざまな赤い斑点が全身にできる疾患です。膝や肘、頭髪の生え際、腰などに発症することが多く、また爪が侵されることもあります。かゆみを伴うこともありますが、伝染するようなことはありません。
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
手のひらや足の裏に水疱や膿疱ができる皮膚病で、水虫に似ていますが菌は検出されないのが特徴です。ニキビに似た出来物が出てきて、しばらくするとガサガサになるなどの症状を繰り返します。原因はよく分かっておらず、歯・歯肉炎などの病巣感染や、アクセサリーなどによる金属アレルギー、その他ビタミンの一種であるビオチンの不足などに関連があるとされています。
アトピー性皮膚炎
全身に湿疹ができ、我慢できないほどのかゆみが発生します。治ってはまたひどくなるといったことを繰り返し、特に肘や膝といった関節部分、よく汗が溜まりやすく、むれやすい部分に顕著に症状が出ます。昔は子どもの病気とされていましたが、現在は大人でも治りにくい病気として認識されています。
円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)※自費診療
円形の境目がはっきりした脱毛斑が発生し、次第に拡大していく症状を指します。円形脱毛症の症状はさまざまで、円形の脱毛巣がひとつできるケースから、頭髪全体が抜けるケース、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、全身の毛が抜けるケースもあります。
当院の特徴<エキシマ療法>

当院の特徴<エキシマ療法>

当院は治りにくい皮膚病に効果を発揮する「エキシマレーザー」による紫外線療法を行なっております。他院で尋常性白斑・尋常性乾癬・掌蹠膿疱症の治療で思うような結果が得られなかった方には特におすすめです。
従来の紫外線治療(PUVA、ナローバンドUVBなど)に比べ、治療の効果が出やすいことが特徴で、病変のある部分だけにライトを当てるため、健康な皮膚への影響を最小限に抑えることができます。
費用の面では、尋常性白斑・尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎などの疾患は、保険適用で治療が可能ですので安心してご利用下さい。 ※自費診療にはなりますが、円形脱毛症などの難治性の皮膚病変にも効果があります。

治療

治療治療

エキシマレーザーは弱いパワーから治療を始めていきます。少しずつパワーを上げていき、皮膚の状態を確認しながら治療していきます。
パワーを上げすぎると強く日焼けをしたような状態になることもありますが、その場合は日焼けに準じた治療を実施し、レーザーのパワーを一旦お下げします。色素沈着が一時的に残ることがありますが、時間の経過とともに消えていきます。
保険内診療の場合、月に8回まで治療が可能です。1週間に1〜2回の割合で受けていただくのが理想的ですが、ご都合に合わせて相談下さい。

円形脱毛症への効果

これまで円形脱毛症の治療で、保険内診療の外用薬では効果を実感できないという方をたくさん見てきました。そこで患者様の「治したい」という気持ちに応えるため、当院ではエキシマレーザーによる治療を行なっております(自費診療)。個人差はありますが、髪が生えるまでのレーザー照射回数の目安は約30回です。既存の治療法では症状が改善しないという方はぜひ一度当院までご相談下さい。

どんな些細な悩みでも、
お気軽にご相談お待ちしております。

045-869-12150458691215

[診療時間] 9:00~12:30 / 15:00~18:30
[休診日] 木・日・祝日・土曜午後