スポーツ整形SPORT

種目別 よくある症状
バレーボール
  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • 足底筋膜炎
  • 指の骨折
  • 指の脱臼
バスケットボール
  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • 突き指
  • 足底筋膜炎
  • 肉離れ
  • 打撲
野球
サッカー
  • 足首の捻挫
  • 腰痛
  • 膝の外傷
  • 打撲
  • 肉離れ
ラグビー
  • 骨折
  • 肩の脱臼
  • 捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ
  • 膝の外傷
テニス
  • テニス肘
ソフトボール
  • 骨折
  • 肩の脱臼
  • 捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ
  • 膝の外傷
陸上
スポーツ障害・スポーツ外傷とは

スポーツ障害・スポーツ外傷とはスポーツ障害・スポーツ外傷とは

スポーツ障害とは、繰り返される運動によって体への負荷が積み重なり、その結果痛みが出てくるもののことです。シンスプリント、野球肘、テニス肘などが有名です。
一方、スポーツ外傷とは大きな力が加わることによって発生するもので、脱臼、骨折、捻挫、肉離れ、筋断裂などがあります。

当院の特徴

スポーツ障害・外傷の方々の大きな問題は、ケガをしているにも関わらず、競技を継続してしまうことです。
ケガをされたスポーツ選手の方に、医師が安静を指示するのは簡単です。しかし、それだけでは患者様の想いには応えられないと考え、当院では治療中にできるだけ体力・筋力を落とさないよう配慮すること、そして復帰までの計画を立ててあげることの二点を重視しております。
当院はリハビリテーション施設が充実しており、あらゆるスポーツ障害・外傷に対応可能です。近辺の学校からの学生さんも多数訪れていますので、ぜひ一度ご相談下さい。

スポーツ傷害
野球肩
野球肩
野球の投球動作で生じる肩の痛みの疾患です。関節包や肩関節に付着する腱や筋の損傷によるもので、損傷の部位によって、肩が痛みます。投球動作の禁止による安静、腱板肩関節周囲筋の強化や、ストレッチ、投球フォームの改善である。保存療法で症状の改善ないものや、外傷のエピソードがあり損傷の部位によっては外科的手術が必要となります。
野球肘
野球肘
野球肘とは投球時に生じる肘関節障害の事です。①内側障害(上腕骨内上顆裂離骨折、内側側副鞄帯損傷) ②外側障害(上腕骨小頭離断性骨軟骨炎) ③後方障害(肘頭骨端線離開、肘頭疲労骨折)に分類されます。安静、投球フォーム矯正運動療法、病状によって手術加療を行います。
膝腸脛靭帯炎
膝腸脛靭帯炎
マラソンランナーなどひざの曲げ伸ばしを繰り返すスポーツに多いと言われているケガで「使いすぎ」や「オーバーユース」が原因と言われています。ランナーに多いケガなので、腸脛靭帯炎は、別名「ランナー膝・ランナーズニー」という名前で呼ばわれることもあります。大腿から膝外側に痛みを伴い、安静、消炎鎮痛処置後ストレッチなどが有効です。
膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)
膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)
膝蓋靱帯とは膝蓋骨というお皿のような骨を固定する役割を担っている靭帯です。この靭帯を酷使しすぎて炎症をきたした状態です。
肉離れ
肉離れ
急激に筋肉が収縮したことによって起こる、筋肉の損傷や断裂です。 スポーツをしている最中に起こりやすく、筋肉に急に強い収縮力がはたらいた時などに、筋肉が引きのばされて筋織維の損傷をきたします。初期治療は安静、アイシング、圧迫下肢挙上です。

どんな些細な悩みでも、
お気軽にご相談お待ちしております。

045-869-12150458691215

[診療時間] 9:00~12:30 / 15:00~18:30
[休診日] 木・日・祝日・土曜午後