骨粗しょう症OSTEOPOROSIS

こんな症状ありませんか?

骨粗鬆症は気づかぬ間に長時間かけて進行し、以下のような自覚症状が現れます。

  • 背骨が丸く変形する
  • 身長が縮む
  • 立ち上がる時や重い物を持つ時に背中に痛みが走る
  • 背骨・腕の付け根・手首・太ももの付け根などが骨折しやすくなる
骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは骨量が減少して骨質が低下し、骨がもろくなる病気です。骨が折れやすくなるので寝たきりや生活の質の低下の原因になります。圧倒的に女性に多く、50歳代から増加し始め、加齢とともに発症率は高くなります。骨量は20~30歳代をピークに、加齢とともに減少していきますが、女性の場合は骨形成に関係する女性ホルモン(エストロゲン)が閉経によって減少するため、特に閉経後5年くらいは急激に骨量が減少します。閉経年齢は50歳前後と言われていますが、この頃から骨粗鬆症も増加し始めます。

原因・リスク

閉経や加齢が大きな要因ですが、運動不足・栄養不足・喫煙・アルコールとコーヒーの多飲・塩分過多・日光照射不足といった生活習慣も、骨粗鬆症を引き起こしやすいので注意が必要です。

検査・治療
骨密度の測定
まず血液中の骨代謝マーカーや骨密度を測定します。苦痛を伴わずに短時間で安全に検査できます。骨密度の測定は骨粗鬆症の早期発見にも役立ちます。
恐がらずにお気軽にご相談下さい。普段から自分の骨の強さを十分に認識し、骨粗鬆症を予防することで、健康で楽しい生活を送りましょう。
<骨代謝マーカー>血液検査を行ないます。
<骨密度>骨密度装置で検査を行ないます。検査は服を着たまま受けられ、5~10分で終了して痛みもありません。
薬物療法
注射治療を中心に薬物療法を行なっております。症状によっては最適な内服薬をご紹介する場合がございます。
当院の特徴

院長はこれまでに多くの骨粗鬆症治療を経験し、患者様のご紹介でご来院される方も多くいらっしゃいます。特に注射治療の経験が豊富ですので、症状にお悩みの方はぜひ一度当院までご相談下さい。

どんな些細な悩みでも、
お気軽にご相談お待ちしております。

045-869-12150458691215

[診療時間] 9:00~12:30 / 15:00~18:30
[休診日] 木・日・祝日・土曜午後