HOME > 巻き爪治療
巻き爪治療 Ingrown-nail 痛みの少ない確かな巻き爪矯正 当院では最新の治療法を導入しています。 当日から入浴や運動など、日常生活に支障をきたすこと無く治療可能です。

巻き爪とは

爪白癬による変形や、爪が靴などで圧迫され爪が皮膚に食い込むことにより、非常に強い痛みを引き起す状態のことを巻き爪と言います。具体的な治療方法は様々です。当院では症例数が豊富なので最適な治療をご提案致します。

巻き爪のイメージ
巻き爪

巻き爪とは、爪が横方向に湾曲し巻いている状態を呼びます。(右写真)
痛みの自覚症状が無いケースも多いですが、バランスを取り辛くなるため、転倒の危険などがあります。

陥入爪(かんにゅうそう)

陥入爪とは、爪の角がトゲのように軟部組織(肉)に刺さり炎症を起こした状態を呼びます。強い痛みの他に膿や出血が起こることもあります。

陥入爪の方は巻き爪にもなっている事が多く、爪の角を切ると一時的に痛みはなくなりますが、爪が伸びたときにさらに巻き込んでしまい、より重症な陥入爪になってしまうこともあります。

巻き爪の治療法

当院で可能な主な治療法についてご紹介致します。

VHO変法

VHO変法は陥入爪や、巻き爪に有力な方法です。
施術当日から入浴や運動をすることが出来、日常生活への支障がとても小さい治療法となります。

施術の流れ
ガター法

ガター法とはネラトンと言うゴムで、陥入した爪を包み込み、溝をつくる治療法です。
炎症や痛みが強く、不良肉芽と呼ばれる瘤状の組織が盛り上りが長期続いている場合にとても有効です。

ネラトンと言うゴムを爪の大きさに合わせて切り、切込みをいれます。

陥入爪部の爪を、皮膚から少しうかせ、チューブを挿入し、爪が皮膚に直接当たらないようにします。

弾力のあるプラスチックの板を爪の中央にはり、その張力で爪を矯正します。

巻き爪の原因

主な2つの原因は爪の切り方と靴が足に合っていないことです。
特に深爪は、巻き爪の大きな要因です。
爪の先の肉の部分が、見える、見えないギリギリで切るのが適切です。
靴は、小さすぎても、大きすぎてもダメです。

巻き爪症例集

治療前のイメージ
治療前
治療後のイメージ
治療後

 

料金について


横浜市のとつか整形外科・皮フ科へようこそ!!とつか整形外科皮フ科 045-869-1215 定休日…木・土曜午後・日・祝日 受付時間…9:00~12:30 / 15:00~18:30 患者様に心から元気になって頂けるよう、一人一人の症状に応じた適切な治療、納得して頂けるわかりやすい説明とあたたかい医療を心がけ、安心して気軽に診療をうけられるクリニックを目指し日々努力しています。
  • 骨粗鬆症
  • リウマチ
  • スポーツ外傷・障害
  • リハビリテーション科
  • 巻き爪治療
  • 紫外線治療
  • 爪水虫
  • ニキビ治療

〒244-0817
神奈川県横浜市戸塚区吉田町 944-5
KAWARA2F

ホームページを見たとお伝えください 045-869-1215
診療時間
9:00~12:30/ 15:00~18:30

※リハビリテーションは17:30まで

詳しくはこちら