帯状疱疹Herpes zoster

こんな症状ありませんか?
  • 体・顔の片側だけに強い痛みを感じる
  • 体・顔の片側だけに赤い斑点・水ぶくれが出た
帯状疱疹とは

帯状疱疹とは帯状疱疹とは

帯状疱疹とは、50〜70歳代の人に多く発症するウイルス性の病気です。体の片側だけに刺すような強い痛みを感じ、皮膚に帯状の赤い斑点や水ぶくれが現れます。症状が出る場所は腹部・背中・手足・顔などさまざまです。痛みと皮膚症状が出るタイミングにはずれがあり、皮膚症状は3週間でほぼ確実に収まることが特徴です。ウイルスの潜伏期間は5日間で、腰痛だと思って来院された患者様から帯状疱疹の症状が見つかることもあります。

原因・リスク

帯状疱疹の原因は水痘・帯状疱疹ウイルスです(水疱瘡と同じ)。過去に水疱瘡にかかった経験がある方は水疱瘡が治った後も体内にウイルスが残っています。加齢・疲労・ストレスなどで免疫力が低下した時、ウイルスが再び働き出して帯状疱疹を引き起こすのです。

帯状疱疹の症状が顔に出た場合は、顔面神経麻痺を発症したり、目や耳にまで症状が出たりする恐れがあります。高齢者の場合は神経痛が残るケースが多いため特に予防が肝心です。また、水疱瘡にかかったことがない人が身近にいると、ウイルスをうつしてしまい、相手が水疱瘡を発症することがあります。

予防・治療
予防のためには日頃の健康・ストレス管理を怠らず、免疫力を落とさないことが何より重要です。免疫力が落ちる50歳以上で水疱瘡にかかったことがない方は、帯状疱疹ワクチンの接種(保険適用)をご検討下さい。
治療は内服薬か外用薬のどちらかを患者様に合わせて選んで実施しております。内服薬の服用期間は1週間です。外用薬は皮膚がただれていて感染力がある期間に塗布します。約2週間で症状が落ち着くことがほとんどです。
院長からのメッセージ

戸塚エリアは慢性的に帯状疱疹の患者様が多いと感じております。発症しやすいのは50歳代以上ですが、20歳代や30歳代といった若い世代でも、ストレス等がきっかけで帯状疱疹になる可能性は十分あります。免疫力が低下しないよう健康作りに努め、帯状疱疹が疑われる症状が出た場合は早めの受診を心がけて下さい。

どんな些細な悩みでも、
お気軽にご相談お待ちしております。

045-869-12150458691215

[診療時間] 9:00~12:30 / 15:00~18:30
[休診日] 木・日・祝日・土曜午後