院長ブログBLOG

2012.11.14更新

当クリニックでは、外用薬・保湿剤の処方に加え、
患者さんの症状に適した『漢方薬』を組み合わせるニキビ治療を積極的に行っています。
今日は、その中でもよく処方している
『クラシエの十味敗毒湯』について書きます。


大人ニキビの最大の原因は、ストレスによる男性ホルモンの分泌の増加です。
男性ホルモンが強く作用することにより、余分な皮脂の分泌が増え、
毛穴が詰まり、アクネ菌を繁殖させ、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

特徴は、『頬からあごにかけてのフェイスラインにできるコメドと赤く腫れたニキビ』
男性のひげの生える部分にできることから、男性ホルモンが強く関係していることが分かります。

また、『生理前にニキビがひどくなる』
これも男性ホルモンに似た働きをする黄体ホルモンの分泌が増えて、
皮脂の分泌が促進されるからです。

そこで有効なのが クラシエの十味敗毒湯 です。

桜皮エキス(ゲニステイン)が、
女性ホルモン(エストロゲン)を皮膚に誘導し、皮脂の分泌を促進させる
男性ホルモンを阻害してくれるので、ニキビの発生を防いでくれます。
また、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸も増加させ
ニキビ跡・毛穴の開き
などの悩みも改善することから
女性のニキビには非常に有効だと考えています。
また、抗菌作用のある生薬が配合されているので、化膿性のニキビにも
大変効果が期待できます。
2週間程度で効果が表れる患者さんが多いです。

クラシエの十味敗毒湯

こんな症状の方はご相談ください。

・ 大人ニキビ

・ 赤く化膿したニキビ

・ からだにできたニキビ

投稿者: とつか整形外科皮フ科

2012.11.10更新

先日もネットで調べて自宅のラップを使用して、重大な感染をおこしかけた患者様がいましたが、ついに
学会でも警鐘を鳴らすようです。


「ラップ使うな」熱傷学会が勧告 重篤な感染症の危険あり、特に乳幼児には禁忌
2012年11月8日 日本熱傷学会  カテゴリ: 一般内科疾患・一般外科疾患・救急

 日本熱傷学会の川上重彦代表理事は11月5日、熱傷に対し食品用ラップなどの非医療材料を用いて湿潤環境下に管理する局所療法(いわゆるラップ療法)は行ってはならないとする勧告を発表した。

 比較的深度が浅い熱傷に対し、創傷被覆材を用いて湿潤環境下に管理する方法は、一般的な治療法であると学会は認識している。医療材料である創傷被覆材には、常に感染には注意するよう明記されている一方、ラップなどの非医療材料にはそのような記載はない。学会によると、熱傷治療に精通していない医師がラップ療法を行い、未熟な管理を行った結果、感染症を生じたり、敗血症を起こして死亡したりする例が報告されているという。

 学会は、「日本では、熱傷の局所療法に優れた医療材料が使用できる状況にある。医師が食品用ラップのような非医療材料を用いて治療を行うことは厳しく制限されるべき」と態度を示し、特に乳幼児は抵抗力が弱く、重篤な感染症の危険があるため決して用いてはならないと強く勧告した。たとえ熱傷範囲が広くなくても、全身状態により重大な合併症を来す可能性があることや、適切な時期に手術的治療を施行しないと後遺症が生じる症例があることを認識してほしいと求めている。

投稿者: とつか整形外科皮フ科

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

どんな些細な悩みでも、
お気軽にご相談お待ちしております。

045-869-12150458691215

[診療時間] 9:00~12:30 / 15:00~18:30
[休診日] 木・日・祝日・土曜午後